福岡での就業規則からマナー研修、経営計画までサポート。KS人事研究所

福岡の人事制度・評価制度・人材育成・人材活用のことならおまかせ下さい。 株式会社KS人事研究所

高卒者の離職理由、「人間関係つらい」最多 教育政策研調べ

(日経新聞 2014年7月16日)
 
 高校卒業後に就職し短期間で仕事を辞めた人が、職場での人間関係を離職理由として最も多く挙げていることが、16日までの国立教育政策研究所の調査で分かった。他の社員との年齢や社会経験の差を負担に感じることが多く、大卒者などを含む若者全体の傾向とは異なる。専門家は「職場での人間関係の築き方を高校段階で学ぶことが重要」としている。
 厚生労働省によると、2010年3月に高校を卒業し就職した人の3年後の離職率は39%で、大卒者(31%)と比べて高い状況が続いている。原因の分析に向けて、同研究所が昨年8~12月、就職後10年以内に離職した高卒者98人から聞き取りした。
 調査結果によると、離職理由について「職場の人間関係がつらい」と答えた割合は16%。「仕事がきつい・ストレスが大きい」(12%)や「給与に不満」(10%)などを上回り最多だった。就職してから仕事を辞めるまでの平均在職期間は32.8カ月間だった。
 労働政策研究・研修機構(東京)が06年、より対象の広い35歳未満の若者に実施した調査では「給与に不満」や「労働時間が長い」などが離職理由の上位。「人間関係がつらい」は5番目で「高卒者に特徴的にみられる傾向」(同研究所)という。
 今回の調査の自由記述例では「同期の社員が退職し、話し相手がいなくなった」「上司と信頼関係を築けなかった」「いろいろな経験をしておけばよかった」といった声が多かった。人間関係が構築できないストレスから体調を崩すケースも複数あった。
 調査を分析した筑波大の藤田晃之教授(キャリア教育学)は「高卒者には先輩や上司との経験の差などに戸惑い、萎縮してしまう傾向がある。事前に仕事場を経験することが就職先に定着するうえで重要だ」と指摘する。
 ただ、12年度に生徒のインターンシップ(就業体験)を実施した全日制の公立高校の割合は10年前に比べ1.6倍に増えているとはいえ、全体の83%にとどまる。
 藤田教授は「各地域とも地元企業などと連携したインターンシップを積極的に導入するほか、参加した生徒は技能を身につけるだけでなく、上司や先輩との関わり方に慣れるという視点を持って取り組んでほしい」と強調している。
copyright(C) 2010 川庄公認会計士事務所 All Rights Reserved.