福岡での就業規則からマナー研修、経営計画までサポート。KS人事研究所

福岡の人事制度・評価制度・人材育成・人材活用のことならおまかせ下さい。 株式会社KS人事研究所

管理職比率など重視 なでしこ銘柄 基準公表へ

(日経新聞 2013年11月10日)
 
 経済産業省と東京証券取引所は女性の活躍を後押しする上場企業「なでしこ銘柄」の詳しい選定基準をまとめた。昨年度に初めて銘柄を選んだ基準への関心が高いため、公表して取り組みを促す。女性の登用で情報開示を進める効果も狙う。
 なでしこ銘柄は今年2月、積水ハウス、東レ、花王、旭硝子など17社を初めて選んだ。その際は「仕事と家庭の両立支援」「女性の登用推進」など大まかな基準しか示さ
ず、選考に漏れた企業から「具体的にどんな基準で選んだのか教えてほしい」との声が相次いだ。
 経産省は11月中旬に説明会を開いて17項目の基準を明かし、重視する項目も示す。最も大事なのは女性管理職の比率や女性役員の数。役員も監査役より取締役、社外取締役より社内取締役のほうが得点が高くなるよう検討中だ。平均勤続年数の男女差も重視する。東証1部上場の1700社から70~100社を選び自己資本利益率(ROE)でもふるいにかけて1業種1社に絞る。今年度は20社前後を選ぶ見通しだ。
copyright(C) 2010 川庄公認会計士事務所 All Rights Reserved.