福岡での就業規則からマナー研修、経営計画までサポート。KS人事研究所

福岡の人事制度・評価制度・人材育成・人材活用のことならおまかせ下さい。 株式会社KS人事研究所

9月の給与総額 3カ月ぶり増加

(日経新聞 2013年10月31日)
 
厚生労働省が31日発表した9月の毎月勤労統計調査(速報)によると、現金給与総額は前年同月比0.1%増の26万5376円で、3カ月ぶりに増加した。残業代が増えたのが主因だ。同時に発表した2013年の夏のボーナスは前年比0.3%増の35万9317円で、3年ぶりにプラスに転じた。賃金の回復は残業代やボーナスなど基本給以外で先行している。
調査は従業員5人以上の事業所が対象。9月の給与総額の内訳をみると、残業代にあたる所定外給与が3.5%増の1万8542円、賞与などの特別給与が6.4%増の4979円だった。基本給となる所定内給与は0.3%減の24万1855円で、賃上げの動きは広がっていない。
生産の回復を反映し、製造業の残業時間は7%増と、3ヵ月連続で前年同月を上回った。季節調整済みの前月比でも0.4%増えた。
今夏(6~8月)に支払われたボーナスは、冬もあわせて、10年の夏季ボーナス以来3年ぶりに増加した。建設業や不動産業、金融・保険業などで増えた。製造業でも0.1%増えた。円安で業績が改善した企業が増えたことや、安倍政権が今年はじめに産業界に従業員への報酬引き上げを要請したことが影響した。
copyright(C) 2010 川庄公認会計士事務所 All Rights Reserved.