福岡での就業規則からマナー研修、経営計画までサポート。KS人事研究所

福岡の人事制度・評価制度・人材育成・人材活用のことならおまかせ下さい。 株式会社KS人事研究所

介護 若者採用を拡大 ニチイ学館など2倍に

(日経新聞 2013年9月14日)
 
介護大手が若者の採用を大幅に増やす。最大手のニチイ学館は2014年4月に高卒の新入社員を今春実績の2.5倍にあたる400人以上に増やし、セントケア・ホールディング(HD)も同2倍の60人を採る。75歳以上の人口は25年に2170万人に達する見通しで、介護職員は240万~250万人が必要とされる。各社は若者に早い段階から介護現場で働いてもらうことで技能と仕事への理解を高め、人材不足の解消を目指す。
 ニチイ学館は10年春から高卒の採用を開始、今年度は160人を採った。来年春に大幅に増やすため、全国の支店に配置している採用担当者が就職希望者の多い高校を中心に働き掛けを始めた。
 採用した人材は主に有料老人ホームや認知症高齢者専用のグループホームに配置する。介護現場に勤務する社員は実務経験を3年以上積めば、国家資格である介護福祉士を受験できる。社員には同資格を取得してもらった後、30歳前後に事業所の責任者にする方針だ。
 在宅介護サービス大手のセントケアHDは、13年春に31人の高卒を採用した。来年春にはこれを上回る60人を採用する計画。新入社員はデイサービスや訪問介護の事業所などに配属し、将来は現場を管理する所長や施設長に育てる。
 学研ホールディングス子会社の学研ココファンは今年春に約50人が入社。14年春には2倍にあたる100人を採用する。時間をかけて施設の中核となる人材を育てる方針で、今年春は1割未満だった高卒の社員を大幅に増やす。具体的な人数は今後詰める。
 75歳以上の人口は10年に1407万人に達した。国立社会保障・人口問題研究所によると23年には2千万人を突破する見通しで、その後、団塊の世代が75歳を迎えるため急増する。高齢者の3人に1人は介護または日常生活の支援が必要になるとされ、10年に133万人だった介護職員数を25年には2倍近くに増やさなければならない。
 しかし高齢者へのきめ細やかな対応が求められる介護現場では離職者が多い。ニチイなどが高卒の社員の大量採用に踏み切るのは、長い時間をかけて仕事への理解を深めてもらい、定着率を高める狙いもある。
 待遇を見直す動きもある。セントケアは12年春に入社した高卒の初任給の全国平均(15万7900円)よりも高い水準の給与を支給し、採用増につなげる方針だ。
 総務省がまとめた労働力調査では医療機関や介護施設に就業する人口は今年7月末時点で750万人と10年前に比べ5割増えた。全就業者6300万人の12%を占める。内需型の産業の代表格として雇用をけん引しているが、若者の大量採用はこうした傾向をさらに強めることになりそうだ。
 
copyright(C) 2010 川庄公認会計士事務所 All Rights Reserved.