福岡での就業規則からマナー研修、経営計画までサポート。KS人事研究所

福岡の人事制度・評価制度・人材育成・人材活用のことならおまかせ下さい。 株式会社KS人事研究所

仕事のストレス 20~30代で最も高く

(日経産業新聞 2013年4月18日)
 
メンタルヘルス対策支援を手掛けるアドバンテッジリスクマネジメントは、ストレスチェックなどの同社のプログラムを利用した24万人分の分析結果をまとめた。高いストレスを抱えている従業員の割合は20代、30代で最も高いことがわかった。職場の人員削減が進み、仕事の負担感が高くなっていることなどが背景にあるようだ。
ストレスの水準が高い「要注意」の割合は全体では10.2%だった。年代別では20代、30代がともに12.1%で最も高く、40代(11.2%)が続いた。業種別では「IT・通信」が16%と、製造業(9.2%)など他業種と比べて高かった。
ストレスの高い年代層について同社は「以前は20代後半が中心だったが、幅が広がる傾向にある」と説明。製造業では人が減る一方、仕事の負担が増えたことが、ストレスの要因となったようだ。
 
copyright(C) 2010 川庄公認会計士事務所 All Rights Reserved.