福岡での就業規則からマナー研修、経営計画までサポート。KS人事研究所

福岡の人事制度・評価制度・人材育成・人材活用のことならおまかせ下さい。 株式会社KS人事研究所

求人倍率5カ月ぶり上昇 九州・沖縄1月

(日経新聞 2013年3月2日)
 
 厚生労働省が1日発表した九州・沖縄の1月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.02ポイント改善し、0.69倍となった。上昇は5ヶ月ぶり。昨年の九州北部豪雨被害の復旧などで公共工事が増加しており、建設・土木工事業者からの求人が増えた。
 同省は同時に、過去5年間の数値を修正。2012年12月は前月比0.01ポイントの上昇としていたが、横ばいに変更した。
 1月の有効求人倍率を県別にみると、5県で改善、上昇幅は佐賀が0.05ポイントと最大だった。沖縄は0.04ポイント、長崎と熊本は0.02ポイント、鹿児島は0.01ポイントそれぞれ上昇した。福岡、大分は横ばいで、宮崎は0.01ポイント低下した。
 建設業の1月の新規求人数は各県とも前年同月を上回った。「新規に求人した事業者数も3割増」(長崎労働局)など、多くの事業者が人員補充に動いた。
 西日本建設業保証福岡支店によると、1月の九州・沖縄の公共工事請負金額は前年同月比27%増えた。13年度の政府予算案でも公共事業は増額された。「建設業の求人は当面堅調に推移しそう」(福岡労働局)という。
 
copyright(C) 2010 川庄公認会計士事務所 All Rights Reserved.