福岡での就業規則からマナー研修、経営計画までサポート。KS人事研究所

福岡の人事制度・評価制度・人材育成・人材活用のことならおまかせ下さい。 株式会社KS人事研究所

【テレコムスクエア】 研修多彩 考える力磨く

(日経産業新聞 2013年7月5日)
 
海外渡航者など向けに携帯電話やモバイルルーターの貸し出しサービスを手掛けるテレコムスクエア(東京・千代田)は、ユニークな研修を取り入れている。考える習慣を身に付けてもらうほか、働く喜びを知ってもらうのが狙いだ。社員数150人程度という小所帯を生かし、従業員の満足度向上などの成果につなげている。
 「1年後にどんな自分になっていたいか、どうしたらいいか考えてみましょう」。6月28日。都内の会議室でテレコムスクエアの今年の全新入社員10人が集まり、入社3カ月の締めくくりとなる研修を行った。
 異様だったのは、研修参加者全員が白黒のエプロンを着用していること。「シマウマのように白黒一緒に矛盾を受け入れることを意識して課題について話し合ってみる」という試みだ。
 これはアニマル・シンキングというイスラエル発祥の研修の一幕だ。シマウマだけでなく、ロバのように「あえて愚鈍に考える」など動物に応じた特徴が指定され、それに従って新しい価値を生み出す発想法を鍛えるというものだ。参加者からは「いつもと違う雰囲気で大胆に話せた気がする」との声があがっていた。
 テレコムスクエアはこの研修に限らず、一風変わった手法を臨機応変に取り入れている。
 みんなで合唱の練習をしてチーム力を強化する、人格分析法「エニアグラム」を使って共感能力を高める――など様々だ。入社後の3カ月間に集中的に行い、その後も社内の状況や社員の要望に応じて不定期で開催している。
 多彩な研修を編み出す一方、どの研修でも根底には「常に問い掛けをし、自分で考える習慣を磨くこと」を狙っている。ここにきて、具体的な成果として08年には平均勤続年数が1年9ヵ月と離職率が高かったのが、直近では4年7ヵ月まで改善されている。研修で新入社員の意識やモチベーションが高まったのに加えて、「社内のコミュニケーションが活発になる効果も生まれた」。
 同社は今後もユニークな研修を積極的に取り入れていく方針だという。
 
         
copyright(C) 2010 川庄公認会計士事務所 All Rights Reserved.